乳幼児健診|はしむら小児科 阪急西宮ガーデンズ別館|子ども 健康診断 西宮市

Web予約はこちらから0798-69-0120

乳幼児健診

乳幼児健診とは

早期に病気や発育・発達の妨げとなる要因を見つけることなどが乳児健診の目的ですが、そのほか赤ちゃんの栄養状態の確認や育児相談にも応じます。そのため、保護者の方が日頃から気になっていることを医師に相談できる良い機会にもなっております。育児上の悩みや気になることなどもご相談ください。

西宮市の乳幼児健診

西宮市では、市内在住の乳幼児を対象にした健診として、「4ヵ月児健康診査」、「10ヵ月児健康診査」、「1歳6ヵ月児健康診査」、「3歳児健康診査」を行っています。 実施方法としては、指定日時に指定会場で行う健診(4ヵ月児健康診査、1歳6ヵ月児健康診査、3歳6ヵ月児健康診査)と、当院で行う10ヵ月児(生後10ヵ月から11ヵ月になる月中)健康診査があります。該当者には個別通知されます。費用は無料です。それ以外の月齢、年齢で健診をご希望の方は自費にて承りますのでお問い合わせください。

西宮市の乳幼児健診についての詳細は 「西宮市」のホームページをご参照ください。

弱視について

弱視とは、「視力の発達が障害されて起きた低視力」のことで、眼鏡をかけても視力が十分でない場合をさします。弱視は、早期発見することで治療可能なことがほとんどです。
人間の視覚の成長は、1歳半ごろにピークに達し、8歳ごろまでに消失すると考えられています。視力の成長は、他の成長と同じくいつかは止まり、感受性期を過ぎると治療に反応しづらくなります。そのため早期に治療を開始するほど、治療に反応して視力が改善していきます。(5歳までに弱視の治療を開始することが望ましいとされています。)

わずか10秒で目の検査を

当院ではウェルチ・アレン社の「スポット ビジョンスクリーナー」という視力検査機器を導入しております。本機は、生後6ヶ月以降のお子様の眼に近視、遠視、乱視、斜視などがないかを10秒ほどで検査できます。
1メートル離れて測定しますので、痛みや接触はありません。
弱視は早期発見し適切な治療や訓練を行うことで、ほとんどの場合で予防することができます。

診療内容

© はしむら小児科
ページTOPへ