小児皮膚科疾患|はしむら小児科 阪急西宮ガーデンズ別館|アトピー性皮膚炎 とびひ じんましん あせも阪急西宮ガーデンズ別館駐車場直結

Web予約はこちらから0798-69-0120

小児皮膚疾患

小児皮膚科とは

小児皮膚科とは

小児皮膚科では、子どもに多いとされる皮膚疾患を診療いたします。生まれて間もない頃から乳幼児にかけて起きやすいとされる小児皮膚疾患として乳児湿疹、おむつかぶれをはじめ、アトピー性皮膚炎、とびひ、じんましん、あせもなどが挙げられます。小児皮膚疾患の症状について、診察や治療を行います。

なお、専門性の高い小児皮膚疾患に関しては、適切な皮膚科をご紹介します。

生まれて間もない赤ちゃんの皮膚の厚さは、成人の半分ほどしかなく、いろんな刺激を受けやすくなっています。また皮膚の角層は薄く、皮脂や水分の量も少ないことから、とても繊細で大人以上にスキンケアが大切です。保護者の方には、薬剤に使用法を含め、スキンケアも丁寧にご説明します。

小児皮膚科での代表的な疾患

乳児湿疹、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、じんましん、あせも(汗疹)、とびひ(伝染性膿痂疹)、虫刺され、いぼ・水いぼ、頭じらみ、ウイルス感染症 など

診療内容

© はしむら小児科
ページTOPへ